アトピーについて

症例の見方

当院では入院治療されたアトピー性皮膚炎患者さんのほぼ全症例の血液マーカー検査と写真による皮膚の変化を記録しています。単に画像的な変化だけでなく体内で生じている免疫的な変化を見ていただきたいと思います。民間療法や健康食品と言ったいわゆるアトピー産業とは一線を画したいと考えています。

BSTは有効バクテリアを利用したバイオ療法であり、新しい医療分野の1つです。科学的な論拠と明確な有効性に基づいた医療であるからこそBSTは、今後日本のみならず、世界に広がりステロイド耐性になり苦しんでいる重症アトピー性皮膚炎患者さんの福音になるのだと確信しています。

アトピー性皮膚炎の血液マーカー

アトピー性皮膚炎はIgEが引き起こす蕁麻疹のような抗原接触から20分以内に生じる即時型反応ではなく抗原接触から数時間以降に生じる遅延型反応である。急性期病変(浮腫性紅斑)はTh2タイプの反応であり慢性期にはTh1タイプの反応が加わるとも言われている。

TARC(タルク) thymus and regulated chemokine Th2 細胞を刺激 単位pg/ml

アトピー性皮膚炎皮の程度を示す最も鋭敏な指標(成人では450以下)皮膚の免疫を担当する樹状細胞や血小板が分泌する。アレルギーを起こすリンパ球を刺激するために分泌する化学物質(サイトカインの1つ)。軽症1523±243、中等症症2598±409、重症8009±995(700以上は中等症と判断されている)
小児の正常値:6~12ヶ月1367未満、小児(1~2才)998未満、2歳以上743未満

LDH 245以下

細胞が分泌する酵素の1つ皮膚炎では細胞の破壊が増加するため上昇し値の変化は皮膚炎の程度の指標となる

好酸球 Eosino 正常値7%以下

Th2細胞がIL-5を産生するために上昇する。浮腫性紅斑を引き起こす。白血球中の好酸球の割合。急性期のアレルギー炎症を反映する。IgEとは反比例することが多い。長期的にはアレルギー体質を反映する。

IgE 特にじんま疹や花粉症等の即時型反応に関与 正常値170以下

Ⅰ型アレルギー反応を引き起こすアレルギー抗体の量 鋭敏ではないが長期的には体質を反映する。低下し始めるのは半年以降が多い。特異抗原RASTは抗原に接触しなくても上昇することがしばしばあり現在の皮膚炎を反映しない。アトピー性皮膚炎は本来Ⅰ型の即時型反応ではないためダイレクトに状態を示しているわけではない

RAST 特異的IgE抗体の定量検査

アレルゲンの検査はスクラッチ・皮内・誘発・食物負荷試験などがあるが、簡単に血液検査で行う方法 アレルギー反応の50~70%程度を反映しているといわれている。抗原の推定に役立つ。臨床的には抗原が減ると3ヶ月から半年の期間をおいて減少する。クラスは6段階評価になっている。特に成人型アトピーの特徴はマラセチアやカンジダという酵母様真菌(カビ)と黄色ブドウ球菌の大量感染がアレルゲンになっています。

Th1/Th2 Th1細胞とTh2細胞の比率

T細胞は免疫を制御する働きをするリンパ球ですが、ヘルパーT細胞は免疫を高める役割をしています。その系統にはTh1(進化の古い時代にできた自然免疫)がありIFN-γ、IL-2を分泌しNK、TCLマクロファージといった細胞性免疫を動かす。もう1つにはTh2(進化の新しい時代にできた獲得免疫)があります。IL-4、IL10を介してBリンパ球刺激しIgE抗体を産生し、IL-5を介して好酸球を活性化させるなど液性免疫を動かす。アトピー性皮膚炎ではTh2優位になっていると言われています。

アトピー性皮膚炎の自覚症状を含めた重症度の指標

SCORAD

108点満点で炎症や自覚症状を医師が判定する。世界基準の1つ40点以上が重症。採点が非常に面倒で実際的ではない。

POEM

アンケート方式で自己採点も可能。簡便だが皮膚炎の重症度と相関する。28点満点。重症度との関係は重症10~20、最重症20~28程度が目安か?

バチルス入浴療法(BST)は継続が必要です

免疫システムは3歳までに形成が終ります。成人型アトピーの方は残念ながら免疫システムがアレルギーに偏って形成されてしまっています。このアレルギー体質は一生続くのだと考えてください。
BSTで完治するのではなくコントロールするのだと考えてください。
治ったと思っていても継続しない限りアトピー性皮膚炎は出てきます。

ページの先頭へ戻る

COPYRIGHT © Natural Clinic21 All Rights Reserved.