ドクターズコスメ

ハイドロ・トレチノイン併用療法について

イメージ:ハイドロ・トレチノイン併用療法について
  1. 0.1%トレチノイン軟膏 1日1回眠前、色素沈着部位のみに塗布(綿棒で)開始後2~3日で皮膚炎症状が生じる。人工的にターンオーバー(皮膚の新陳代謝)を加速させ古い皮膚を早く新しい細胞に変えさせる。落屑が生じなくてはいけなく、皮膚は無理にはがさない。
  2. トレチノインの上にハイドロキノンを塗布する。
    トレチノインが周囲に広がらないように外~内へ塗る。
  3. 朝はサンスクリーン(吸収剤フリー)を必ず使用。
    皮膚の乾燥感は、トレチノイン軟膏を中止して1w程度で改善する。
  4. 4wは(トレチノイン・ハイドロキン)併用する。その後はハイドロキノンのみ4w。
    このサイクルを長い人は数回繰り返す。

※美容用効果があるトレチノイン ハイドロキノンは不安定な製剤であり要冷蔵で長くても2ヶ月が限度。なるべく2ヶ月で使い切ること。変色したら使わない。

ページの先頭へ戻る

COPYRIGHT © Natural Clinic21 All Rights Reserved.