まつ毛美容液・育毛

育毛について

イメージ:まつ毛美容液について

頭髪の育毛

AGA(エージーエー)、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」

内服治療 (ザガーロ、プロペシア)

イメージ:男性型脱毛症

AGAは、成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

AGA(エージーエー)の脱毛部には脱毛作用がある男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。

DHTの抑制には、ザガーロやプロペシアといったお薬が効果的です。
DHTは、5α-還元酵素という酵素によってテストステロンからつくられますが、ザガーロは、従来品では抑制できなかったⅠ型5-α還元酵素をも阻害するうえ、Ⅱ型5-α還元酵素も従来品の約3倍阻害し、従来品よりも強力に、DHTの産生を抑えます。

臨床試験でも、ザガーロ0.5mgと従来品1mgを24週間服用した場合を比較した結果、ザガーロを服用したグループの発毛量が約50%高いというデータがあります。また、ザガーロ0.1㎎と0.5㎎では、0.5㎎の方が高い発毛効果が期待できること分かっています。

AGA治療に劇的な効果が期待できるザガーロですが、男性型脱毛症(AGA)の治療薬ですので、脱毛の原因が他にある場合は効果がありません。

ザガーロでの治療が向いている方(例)

  1. 薄毛の症状が出てから5年以内(それ以降でも効果はある)
  2. 年齢が若い人ほど効果がでる
  3. AGA(男性型脱毛症)の重症度が低い(遺伝子検査など)
  4. 頭皮環境が良い人

当然ながら、DHTの生成を抑えても、毛穴に皮脂がつまっていたり、頭皮環境が改善しなければ、発毛しにくいので、そのあたりのケアを併用してやることで効果が高まります。

ザガーロで髪の毛を抑えて産毛を増やし、ミノキシジルなどの血管拡張剤で発毛・育毛を促すなど、薬剤の併用も効果的です。

トルマランセ

トルマリンが発する微細電流で頭皮を刺激 女性にもOK

10月の誕生石トルマリン宝石言葉は「健康」。不思議な力(極性結晶体)があり常に自らのエネルギーを発しています。トルマランセは各種トルマリンの中でも宝石に使われるピンクトルマリン(リチアトルマリン)を主成分とした化粧品で、天然の成分から創りだされました。

イメージ:オランマランセ

トルマリンは、空気中の水分に触れると反応して電気分解が起こり還元作用でヒドロキシルイオン(マイナスイオン)となって精神的癒しの効果が期待されます。
フランスのピエール・キュウリー(ノーベル物理学賞)が発見したトルマリンの電気エネルギーは波長11ミクロン、0.06ミリアンペアーの微弱電流は人体電流に非常に近く頭皮のツボより体内に採り込まれ活性酸素と反応することで浄化促進されます。

http://kazutomo.jp/index.html

現在国内で一般に使用されている主な育毛の成分

デュタステリド(ザガーロ)

経口育毛剤として注目を浴びる成分デュタステリド(ザガーロ)は、ホルモンの働きを抑制し、抜け毛を防止する薬剤です。男性型脱毛症(AGA)に男性ホルモンが強く関与していることから、ホルモン活性を阻害するという考え方です。

デュタステリドは、従来品に比べⅡ型5α-還元酵素の抑制力が約3倍であるのに加え、従来品では抑制出来なかったⅠ型5α-還元酵素をも阻害し、AGAの原因であるDHTの産生を強力に抑制します。

デュタステリドは、5αリダクターゼ(酵素)阻害薬として、本来は前立腺肥大の治療薬として開発された医薬品ですが、高い発毛効果が注目を集めています。

フィナステリド(プロペシア)

プロペシアという製品名で知られている経口育毛剤、フィナステリドは、薄毛に悩む男性から長年指示を受けてきた、抜け毛を防止する薬剤です。

5αリダクターゼ(酵素)阻害薬として、本来は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として異常発毛をみたことから発毛剤として用途が広がりました。

ミノキシジル

米国製薬会社、ファルマシア・アップジョン社が開発した育毛剤。元来の薬効は、毛細血管を拡張させ血圧を下げるもの血圧降下剤。毛髪付近の血管も例外なく拡張され頭皮全体の血行をよくする効果が確認されている。さらに、男性ホルモンの変換酵素阻害作用や毛母細胞を活性させる効果があることが発見されている。発毛効果のある外用薬として、米食品医薬局(FDA)が認可し世界的に認められている。代表的な商品は、大正製薬から発売されているリアップ

ミノキシジルタブレット(海外からの自己輸入)は血管拡張剤ミノキシジルを5mgまたは10mgを含み、血管を拡張させて血流を良くして発毛を促す、1日1錠内服する「飲む発毛促進剤」です。

塩化カルプロニウム

1968年に局所血管拡張作用を持つ医療用医薬品として開発された。現在でも医療用脱毛症治療薬「フロジン液」として処方されています。代表的な商品は、第一製薬のカロヤンガッシュがあります。

センブリエキス

皮膚毛細血管の増強などの作用があり、皮膚細胞の代謝改善や発毛促進効果が認められている。代表的な商品はファンケルの薬用 毛活林。

ニコチン酸ベンジル

毛根刺激剤、頭皮刺激剤として使用され、血行を盛んにして発毛を促進する。代表的な商品は資生堂ライブアクト。

ページの先頭へ戻る

COPYRIGHT © Natural Clinic21 All Rights Reserved.